第7回ホームカミングデーアルバム・・・1.『パネル講演会』

○パネル講演会パネラー(ミニ講義の講師を兼務いただきました)

左から

鈴木香 氏 国立長寿医療研究センター 分子基盤研究部 流動研究員

川村康博 氏 医療法人大真会 大隈病院 脳神経外科 副院長

小西良樹 氏 トヨタ自動車株式会社 Mid-size Vehicle Company MS製品企画 チーフエンジニア

沢田和秀 氏 岐阜大学附属インフラマネジメント技術研究センター教授

川崎晴世 氏 ㈱フジテレビジョン 総合事業局コンテンツ事業センターコンテンツ事業業務部長

第7回ホームカミングデーアルバム・・・2.『分科会 ミニ講義』

鈴木香 氏 出身中学:大府西中学校 37回生

国立長寿医療研究センター 分子基盤研究部 流動研究員

現在私が行っている仕事は認知症、特に糖尿病合併アルツハイマー病の研究です。認知症の中でも特にアルツハイマー病は社会的に早期治療が求められており、さらに現代病といわれる生活習慣病との併発は、今後の社会的課題となっています。実際に行っている研究は、糖尿病合併アルツハイマー病マウスで特異的に上昇する遺伝子を欠損させた遺伝子改変マウスを作製、本マウスの認知機能行動を調べることにより分子の重要性を解析しています。

【会場:1A】

 

 

川村康博 氏 出身中学:加木屋中学校 37回生

医療法人大真会 大隈病院 脳神経外科 副院長

名古屋市北区にある地域密着型病院で勤務しています。「地域の皆さまに信頼され、愛される病院を目指し、最善の医療を行う」という病院理念に基づき、質が高く地域の人々にとってやさしい医療を提供できるよう努力しています。脳卒中をはじめとする救急医療体制を維持しながら、亜急性期医療も担っていることが特徴です。最近は、近隣医療機関・在宅診療医・介護との連携を強化し、地域包括ケアシステム構築の支援もしています。

【会場:1C】

 

 

小西良樹 氏 出身中学:南陵中学校 37回生

トヨタ自動車株式会社 Mid-size Vehicle Company MS製品企画 チーフエンジニア

カローラ、C-HR等(トヨタのコンパクト車)の開発責任者。車の企画や何千名もの技術者を束ねながら開発を推進する仕事。発表時には車の紹介も担当する

【会場:1F】

 

 

沢田和秀 氏 出身中学:師崎中学校 38回生

岐阜大学附属インフラマネジメント技術研究センター教授

工学部附属インフラマネジメント技術研究センターでは、道路や橋といった土木施設の維持管理についての社会人講座をマネジメントしている。
社会基盤工学科(土木系)および大学院環境社会基盤工学専攻等で、土質力学等の講義を担当している。また、地盤工学研究室(ゼミ)では、卒業研究等を指導している。
いくつかの企業との共同研究などで新技術を開発するとともに、行政等への技術的な助言も行っている。

【会場:3F】

 

 

川崎晴世 氏 出身中学:青海中学校 38回生

㈱フジテレビジョン 総合事業局コンテンツ事業センターコンテンツ事業業務部長

民放キー局の1つ、フジテレビにバブル末期に入社。地上波放送だけではない、多様なビジネスを手掛ける部門で働いています。
イベントや、映画・番組の商品化の仕事に長く携わったのち、現在は、ネット配信、CS放送、海外番販、アニメーション制作等、様々なコンテンツを制作・発信する事業センターで、各部門を支え、束ねる役割を担っています。

【会場:音楽室】

 

 

坪内有一 氏 出身中学:八幡中学校 37回生

ソニー株式会社 スタンダード&パートナーシップ部著作権政策室 室長

ソニーは、エレクトロニクスと音楽・映画・ゲームなど、著作権と様々な形で関わりを持つ多様なビジネスを行っています。各国の著作権関連の法制度の動向を把握して、ソニーのビジネスへの影響を分析し、対応案を作り、関係団体での活動等を通じて政府に働きかける、といった立法政策渉外業務を行っています。

【会場:社会科室】

 

 

平松利浩 氏 出身中学:大府西中学校 37回生

平松犬猫病院 院長(獣医師)

東海市で動物病院を開業しています。小動物(犬、猫中心)の診療や手術等の治療をしています。

【会場:1D】

 

 

荒川信光 氏 出身中学:横須賀中学校 37回生

学校法人雨尾学園 雨尾幼稚園 園長

勤務先は横須賀高校の北西約1キロにあり、今年度開園50周年にあたる東海市大田町の雨尾幼稚園です。私は勤続28年目になります。幼稚園は義務教育ではありませんが、文部科学省管轄の学校となります。(保育園は厚生労働省管轄の託児所)小学校に進学するまでの満3歳児~年長までの4学年の園児約250名を保育しています。幼稚園は学校と認められているものの、教科書は存在せず、園独自のカリキュラムにより特色のある保育を各園が実践しています。当園では、ピアジェ理論に基づく教材を採用するとともに、音楽教育、英語教育を取り入れ、子どもの健やかな成長を助長しています。

【会場:1H】

 

 

伊庭園美 氏 出身中学:横須賀中学校 37回生

新日鉄住金株式会社 名古屋製鉄所 工程業務部 主査

日本最大の製造業集積地の中部地区にある唯一の一貫製鉄所が新日鉄住金㈱名古屋製鉄所であり、世界最先端の高級製品を中部地区はじめ世界各地へ供給している。
私は、鉄鋼製造に置いて生産・工程管理業務に従事している。生産・工程管理業務とは「生産性」と「低コスト」を両立するような効率的な生産活動を実現しつつ、「お客様の納期」を守っていくことである。

【会場:2A】

 

 

西原美知子 氏 出身中学:八幡中学校 37回生

グラナダ在のスペイン語通訳 コーディネイター

フリーのスペイン語通訳、コーディネイタ―業スペインへ商談、取材、スポーツ大会の参加などの目的で日本から来られた方にスペイン語の通訳とコーディネイト(お客様のスペインにおける活動に応じて、事前の下調べから、お客様が満足のいく活動ができるようアレンジ、同行、アシスト、通訳することを仕事としています。

【会場:2D】

 

 

新美尚毅 氏 出身中学:八幡中学校 37回生

愛三工業株式会社東日本支社 支社長

当社は、自動車の動力源の多様化が進む中、エンジン部品を中心に地球温暖化防止や省エネルギーに貢献する製品を生み出してきました。
私は入社以来、国内外の自動車メーカーへ営業活動を行ってきました。入社以来29年のキャリアのおよそ半分を駐在員として海外で過ごし、現在は新横浜にある東日本支社の責任者として関東の自動車メーカーへの営業活動を行っています。

【会場:2E】

 

 

古田信行 氏 出身中学:名和中学校 37回生

株式会社電通 中部支社 顧客ビジネス局ビジネスプロデュース2部 シニア・アカウント・マネージャー

広告代理店の営業職(平社員)です。電力会社、ドラッグストア、鉄道会社、レンタル会社、ホテル等々さまざまな業種の企業を担当しています。会社としては一般の企業の広告取扱全般(テレビ、ラジオ、新聞、屋外広告、交通広告、デジタル広告)、東京オリンピック、パラリンピック、サッカーワールドカップなどのスポーツ、音楽、映像関連のイベントや権利販売、国内外の展示会や常設展示館のプロデュース等ありとあらゆることをやっています。

【会場:2F】

 

 

吉本茂甲 氏 出身中学:上野中学校 38回生

桑名市立大山田西小学校 教頭

全校児童116人の小規模校です。子どもも地域も穏やかで、保護者は学校に協力的な学校です。運動場は全面芝生張りで青々とした運動場です。そこで子どもたちは元気に走り回っていますが、芝生のおかげで転んでもけがをすることはあまりありません。教頭職は教育活動がスムーズに、そして充実したものになるようあらゆる視点から状況を把握し、調整することが職務です。大変なことも多いですがやりがいのある仕事です。

【会場:2H】

 

 

小島利文 氏 出身中学:名和中学校 38回生

小島歯科室院長、東京医科歯科大学非常勤

私は東海市内で歯科医院でドクターとして仕事をしています。歯科医療はとてもおもしろい、ユニークなやりがいのある仕事です。学問の知識はもちろん、そして手先がうまく動くかにより、人とのハートあるコミュニケーション。

【会場:3H】

 

 

早川久生 氏 出身中学:大府中学校 38回生

アクアクララ株式会社 中部支店

宅配水メーカーのアクアクララをFC展開する本部の中部地区の拠点として名古屋市の千種区に所在しています。アクアクララを販売する事業提案と参入した企業への運営サポート及び管理。

【会場:3A】

 

 

長谷川英生 氏 出身中学:大府北中学校 38回生

株式会社名南製作所 特許室取締役

皆さんの大事な家庭をまもる家の壁、床、天井には、合板が使われています。私達は、丈夫できれいな合板を低コストでつくる技術を考える合板機械メーカーです。従業員100名程の小さな会社ですが、創業者の「まねはしない」「F=maを社是に」「全員で勉強会」等の考えで創業65年になります。私は、開発部に所属したのち、今はものづくりに欠かせない知的財産に関する仕事をしています。

【会場:3C】

 

 

松川恭子 氏 出身中学:大府北中学校 38回生

イルマーレレディースクリニック & Baby Kewpie 助産師・看護師

クリニックにて出産に立会い、産前産後ケア・育児相談などを行いつつ、ここで補う事のできない継続的サポートや心のケアを開業助産師として行っています。また本質を伝える絵本作成とイベントや小学校での読み聞かせ、「命の授業」などの講演や産前クラス・お話会で喜びを感じてもらっています。ユーモアを持ち、多くの方に伝えられるエンターテイナー助産師として、日本のみならず、世界に向けも活動しています。

【会場:3E】

 

 

竹内嗣人 氏 出身中学:青海中学校 38回生

メルクパフォーマンスマテリアルズ株式会社 小名浜工場 工場長

メルクは、ドイツに本社を置く化成品・医薬品の製造・販売会社で、全世界で約5万人の従業員が働いております。私の働く小浜工場では、機能圧材料(パフォーマンスアテリマルズ)に属するパールエフェクト顔料を製造しております。製品名を聞いてイメージが沸き難いでしょうが、車のボディ、化粧品、さまざまな容器など、皆様もよく見かける“モウモウした意匠”の多くには弊社の顔料が使われています。

【会場:物理室】

 

 

高田美喜 氏 出身中学:上野中学校 38回生

半田市立白山保育園 保育士・幼稚園教諭

短大卒業後、埼玉県の「さくら・さくらんぼ保育園へ半年間実習。関連する園へ13年勤めた後、半田市のキャリア採用第1期生として転職。半田市で保育士をして17年目。中でも「児童発達支援センターつくし学園」で経験した療育は今でも保育をしていく上でも役立っている。

【会場:生物室】

第7回ホームカミングデーアルバム・・・3.『学年同窓会』

○体育館

例年以上に参加者が多かったことが印象的です!

 

38回生の声掛けで、木村泰三先生にもご参加いただきました

 

2年連続で設営にあたった37回生

 

○会議室

 

延長戦でも、時間を忘れて話に花が咲きました!

第7回ホームカミングデーアルバム・・・4.『同窓会専門部会講演会』

○視聴覚室

 

講師の奥村貴子さん(36回生)
株式会社AskAt執行役員

 

『創薬というチャレンジングな仕事』

というテーマで、実務経験に基づいた説得力のあるご講演でした。

 

質疑応答も鋭い遣り取りの連続

 

2019年は、どんな同窓生にご登壇いただけるのか・・・期待が高まります(^o^)丿

第7回ホームカミングデーアルバム・・・5.『懇親会』

〇今年の懇親会は、大同特殊鋼さつき館に帰ってきました!

 

例年以上の参加者で盛大に開催です(^o^)丿

 

同窓会白羽新会長挨拶

 

天野校長先生挨拶

 

乾杯のご発声は23回生・同窓会専門部会代表顧問 稲坂博さん

 

元気に乾杯(^o^)丿

 

今年は37・38回生が中心でした

 

食欲旺盛な37回生(*^。^*)

 

カメラ慣れしている38回生(#^.^#)

 

2019年は、38・39回生が中心です。

担当学年に関わらず声かけあって世代を超えて参集し、さらに盛大に開催できるとすてきですね(^o^)丿

第7回ホームカミングデー 平成30年11月3日(土・祝)開催です!

 

 

 

90周年のメイン事業として、同窓会・PTA・学校と連携し、平成24年にスタートした『ホームカミングデー』。本年も開催いたします。
世代を超えた同窓生の交流が活性化することを目的としております。
『ホームカミングデー』では、パネル講演会、ミニ講義の他、職業別専門部講演会の他、今年も37・38回生学年同窓会を企画しております。
また、例年同様、太田川駅前「大同特殊鋼 さつき館」にて、同窓会主催で懇親会も設営いたします。
多くの同窓生のご参加お待ちしております。
開催予定日:平成30年11月3日(土・祝)
会場:愛知県立横須賀高等学校
☆詳細については、下記PDFファイルをご参照ください。

第7回HCデー案内状

第6回ホームカミングデーアルバム・・・1.『パネル講演会』

〇パネル講演会パネラー(ミニ講義の講師を兼務いただきました)

左から
早川敦 氏 東北福祉大学情報センター特任准教授(仏教専修科)
大島啓一 氏 静岡県立静岡がんセンター研究所遺伝子診療研究部部長代理
ガードナー裕子 氏 ロンドン補習授業校小学部任 Dimensions介護職
安倍康一 氏 株式会社イー・ホールディングス代表取締役会長
荻須茂生 氏 荻須総合法律事務所所長(弁護士)

第6回ホームカミングデーアルバム・・・2.『分科会 ミニ講義』

早川敦 氏 出身中学:八幡中学校 36回生
東北福祉大学情報センター特任准教授(仏教専修科)
進学先:東北大学文学部印度学仏教科

広義の宗教学を専攻している。研究の内容は以下の通り。
1)儀礼の研究
われわれは日常的に儀式・儀礼を行っているが、われわれがなぜこのような奇妙な行為を行っているのかは実のところいまだに謎である。儀礼とは一体何であり、われわれはそれによって実際のところ何を行っているのかを考えている。
2)道元の思想
日本曹洞宗の開祖である道元の思想を解明しようとしている。
3)古代インドの神話・儀礼・哲学
2014年まではヴェーダ聖典を主な研究対象としていた。

【会場:1H】

 

 

大島啓一 氏 出身中学:加木屋中学校 36回生
静岡県立静岡がんセンター研究所 遺伝子診療研究部部長代理
進学先:静岡薬科大学(現静岡県立大学)薬学部製薬学科

がん専門病院に附属する研究所で、患者さんから研究材料として提供を受けた手術標本や血液を用いて、がんの治療や診断薬の開発研究に携わっています。最近、医療分野ではゲノム医療という新しい分野が確立しつつあります。DNAやRNAといった生体分子を分析し、がん組織における遺伝子配列や発現状態の情報を、がん患者さんの診療に役立てようとする分野です。静岡がんセンターにおいても、自身、研究者として、病院所属の医師、看護師、薬剤師、技師等のスタッフと協力し、その推進に向けた活動を行っています。

【会場:2H】

 

 

ガードナー裕子 氏 出身中学:加木屋中学校 36回生
ロンドン補習授業校小学部任 Dimensions介護職
進学先:愛知教育大学教育学部小学校教員養成

平成23年度より、英国ロンドンに3校ある補習授業校の一校ブレント校舎にて教師(講師)として勤務。ブレント校は小中学部のみだが、平日は英国唯一の日本人学校でもあるアクトン校舎は高等部と日本語学科(英語で授業)も併設。補習授業校では文科省認定の教科書を使用し、土曜日の3時間のみで、ほぼ全教科書内容を学習します
・小規模の家を購入して介護施設用に改築し、少人数(障碍者の場合は最大6名)自閉症や障碍者の方を24時間で手厚くアットホームな雰囲気の中で介護するといった試みをしている。Dimensionsという施設に昨年の春から勤務しています。

【会場:3C】

 

 

安倍康一 氏 出身中学:上野中学校 37回生
株式会社イー・ホールディングス代表取締役会長
進学先:名古屋工業大学大学院工学研究科

脱サラ後の15年間で「海外進出」を含む「10ブランド79店舗」の展開を実現。経営コンサルタント、講演家、投資家としても活動。現在は「学習塾事業」「英会話事業」を中心に、東は神奈川県から西は徳島県まで積極展開中。座右の銘は、「大人が変われば子どもが変わる。子どもが変われば未来が変わる」「コツコツが勝つコツ」

【会場:社会科室】

 

 

荻須茂生 氏 出身中学:横須賀中学校 37回生
荻須総合法律事務所所長(弁護士)
進学先:早稲田大学法学部

半田市で弁護士事務所を開業しています。仕事の内容は、相続、離婚、交通事故といった個人にかかわる問題から、契約書の作成やチェックといった会社に関する問題、破産管財人や成年後見人など、多岐にわたります。普段なじみのない弁護士の仕事に興味を持っていただけたら幸いです。

【会場:1F】

 

 

奥村貴子 氏 出身中学:八幡中学校 36回生
株式会社ASKAt執行役員薬理部門統括
進学先:岐阜大学農学部農芸化学科

有効な治療方法が確立されていない疾病の治療を可能にする医薬品や、より有効で安全な医薬品を患者さんに届けるため、創薬ベンチャーで勤務しています。国内外の大学や企業とのコラボレーションを通じて、自社の保有する開発品の新たな可能性を探るための研究を実施、提携先での新薬開発をサポートしています。

【会場:1C】

 

 

浅田岩男 氏 出身中学:大府西中学校 36回生
大府市
進学先:南山大学経済学部経済学科

市役所は、公共福祉の実現を目指して、住民生活の向上を目的として活動しています。住民から徴収した税金を活かして、学校教育や道路整備などを実施します。

【会場:3E】

 

 

立岩優征 氏 出身中学:横須賀中学校 36回生
社会保険労務士法人日本人財化センター代表
進学先:名古屋市立大学経済学部経済科


社会保険労務士という仕事を主に東京と海外で行っています。仕事の内容は、いわゆる「働き方改革」の相談・指導を企業(および政府)へ行っています。具体的には労働時間・休日の設計、採用・教育・評価制度および給与制度の設計等をしています。また、海外進出企業の駐在員が、現地で病気やケガで困った場合に、現地の病院や通訳サービスと連携して、適切な医療サービスを提供することで、安心して海外で働ける環境を作っています。

【会場:1E】

 

 

野畑和夫 氏 出身中学:横須賀中学校 36回生
医療法人友和会のばたクリニック理事長
進学先:藤田保健衛生大学医学部医学科

愛知県、静岡県などの病院勤務を経て、東海市養父町にて内科・小児科・消化器内科を標榜して平成25年7月より「のばたクリニック」を開設して地域医療に携わっています。専門は消化器内科です。地域の「かかりつけ医」としての役割に加えて、胃カメラ、大腸カメラなどの内視鏡を使った検査により胃癌、大腸癌などの早期発見にも努めています。

【会場:物地室】

 

 

山口修治 氏 出身中学:八幡中学校 36回生
株式会社電通デジタルプラットフォームセンターセンター長
進学先:名古屋大学経済学部経営学科

ヤフーやグーグル等のIT企業との協業を通じて、クライアントのマーケティング活動をサポートする部署を管理・統括しています。

【会場:3A】

 

 

田村由美子 氏 出身中学:富木島中学校 36回生
学校法人坂田学園東海めぐみ幼稚園教諭
進学先:岡﨑女子短期大学幼児教育学科

東海市内にある東海めぐみ幼稚園という全園児約330名の私立の幼稚園に勤務しています。短大卒業後、8年間勤め、一旦退職したものの、出産、子育てを経てまた同じ職場へ復帰。そこからは、自ら子育てをしながら、その経験と失敗を生かしつつ、子育てに悩んだり迷ったりしているお母さま方の相談役として、また若い後輩の先生たちのサポート役・相談役として現在も働かせて頂いています。

【会場:2C】

 

 

蟹江智彦 氏 出身中学:横須賀中学校 36回生
(株)オートネットワーク技術研究所業務部試験開発室室長
進学先:名古屋大学工学部応用物理学科

(株)オートネットワーク技術研究所は、自動車用のワイヤーハーネス(組電線)や電子制御部品などの研究開発の専門会社です。開発した製品は、皆さんの知らないところでトヨタやホンダ、日産をはじめとする国内外の自動車に使われています。私は、開発する製品の試作や試験評価を専門に行う60名の技能者をまとめています。自動車の開発競争に付いて行くため、忙しい日々が続いています。

【会場:2E】

 

 

岩田久徳 氏 出身中学:南陵中学校 37回生
東海市立加木屋小学校教頭
進学先:愛知教育大学教育学部小学校教員養成課程国語

加木屋小学校は、東海市南部に位置し、創立明治5年という市内で最も古い歴史と伝統をもつ学校です。「元気で仲良く真剣に」の校訓の下、610名の児童が元気に生活しています。
教員は、勉強を教えること以外にも、子どもたちに関わる多くの業務をこなす仕事です。仕事は多忙ですが、未来を担う子どもたちに「直に夢を語ることができる」仕事です。

【会場:2F】

 

 

田川弘樹 氏 出身中学:横須賀中学校 37回生
東浦町教育委員会主任指導主事
進学先:愛知教育大学教育学部数学課

東浦町教育委員会は、東浦町役場の中にあり、町内の小中学校の全ての業務がスムーズに進行するように支援するとともに、問題等が起きた場合に学校と協力して解決していきます。学校現場の状況理解をより深めるために学校から2名の教員が指導主事として配置されています。

【会場:物理室】

 

 

山本晃司 氏 出身中学:富木島中学校 37回生
あいち産業科学技術総合センター食品工業技術センター発酵バイオ技術室長
進学先:名古屋大学農学部食品工業化学科

愛知県内の食品企業、特に中小企業が抱える技術課題に対する支援業務を行っている。企業の技術課題を解決することが使命である。支援内容は以下のとおり。
①依頼分析:既存製品や新製品の成分分析(食品表示に関与)、微生物検査、異物対検体及び依頼内容に応じ、化学分析、物理分析、微生物試験を実施している。
②技術指導:新しい技術の移転、効率的な製造環境の指導など
③研究:企業ニーズに即した研究課題を実施している。

【会場:生物室】

 

 

佐山和弘 氏 出身中学:上野中学校 37回生
行政書士さやま法務コンサルティング代表(行政書士)
進学先:愛知大学法経学部法律学科

前職(寿司屋の二代目)時に味わった父親急死による相続騒動がきっかけで9年前に行政書士(相続専門)に転身しました。遺言書の文案を作ったり、亡くなった人の出生から逝去までの全ての戸籍謄本等の取得調査をして、相続人全員を明らかにしたり、相続財産の分け方を決める「遺産分割協議書」を作り、不動産の名義変えや預貯金の払戻しのお手伝いなどをしています。また、創業融資や事業承継のアドバイスもしています。

【会場:1A】

 

 

今井篤 氏 出身中学:名和中学校 37回生
新日鉄住金(株)名古屋製鉄所安全環境防災部長
進学先:三重大学大学院工業研究科機械工学科

1958年に地元(愛知県・名古屋市、企業、銀行)と富士製鉄(株)の共同出資で設立、2012年に「新日鉄」と「住友金属」が合併(全国に13事業所、3研究所)。名古屋製鉄所は原料から製品を作る「一貫製鉄所(中部唯一)」。東海市の15%を占める敷地内で約1万人が勤務し、自動車向け鋼板などを生産。
・入社から20年間はエネルギー部門(自家発電)に従事。現在は、働く人を災害から守る「安全」、この土地で製鉄業を営み、地域と共に発展するために必要な「環境」「防災」業務に従事。

【会場:3H】

 

 

細井和美 氏 出身中学:上野中学校 37回生
阿久比町立英比小学校教諭
進学先:国立ベルリン芸術大学音楽学部クラリネット科

小学校に勤務して、子どもたちとのかかわり、音楽活動もしています。現在それらを活かし、大学院院生として「音楽 + 子ども」について研究しています。

【会場:2A】

 

 

竹内誉人 氏 出身中学:大府西中学校 37回生
トヨタ自動車(株)無機材料技術部エネルギー変換材料室
進学先:名古屋工業大学工学部材料工学科

トヨタ自動車は国内及び海外へ向けて、自動車の開発・生産・販売を行っておりますが、先進技術カンパニーは、5~10年先の将来の自動車及びその要素技術開発をしています。その中でも私のグループは、プリウスなどのハイブリート車に使われる駆動用モータの材料開発をして、世代毎に進化する燃費向上に貢献しています。

【会場:視聴覚室】

 

 

神谷涼子 氏 出身中学:半田中学校 37回生
2級キャリアコンサルティング技能士 精神保健福祉士
進学先:愛知学院大学文学部(現:心身科学部)心理学科

平成28年12月まで独立行政法人にて心の健康問題で休業した労働者の職場復帰支援、障がいのある方の就労支援・定着支援を仕事としていました。家族の仕事関係で転居が多いため「転勤族の妻のキャリア」についても研究中です。

【会場:3F】

第6回ホームカミングデーアルバム・・・3.『学年同窓会』

〇体育館

 

講師を担当いただいた36・37回生のご紹介

 

 

〇会議室

 

会議室は熱気ムンムン、話が尽きません♪

第6回ホームカミングデーアルバム・・・4.『同窓会専門部会講演会』

〇視聴覚室

 

講師の安井直さん(25回生)

やすい内科院長、知多郡医師会長

 

「住み慣れた地域で最後まで暮らせる街づくり(地域包括ケア)への関わりについて」

というテーマで、情報&情熱満載のご講演でした。

 

例年以上に活発な質疑応答

 

2018年はどんな同窓生にご登壇いただけるのか・・・今から楽しみですね(^o^)丿